返済について

借り換えローンに重要な返済方法について

1社からの借入れの金額が数百万円などの大口になりやすい、
借り換えローンにとって、返済方法は大切になります!

 

なのでここでは、
借り入れをする際に、返済の負担を少なく出来るように、
返済方法の種類、返済方法の種類と、さらに、内容、メリット、デメリットを説明します!

 

返済方法の種類

 

銀行、消費者金融、カードローン会社、クレジットカード会社、キャッシング会社
などの
それぞれの貸金業者でも返済方法は異なりますし、また、
それぞれの貸金業者での借り入れ方(ローンプラン)でも返済方法は変わってきます!

 

 

元利均等返済(がんりきんとうへんさい)別名:元利均等方式、元利均等返済方式

 

内容:
1度ローンを組めば、返済完了まで、毎月決まった利息を支払う方法です。
住宅ローン、まとめローン等の返済方法の1つです。

 

メリット:
返済完了までの返済額がハッキリとわかる為、計画的な返済が可能です。

 

デメリット:
初めは利息が高く、元金が減るペースは遅いです。返済完了期間が長くなる。
★元金均等返済と比較すると返済の総額が増えます。

 

元金均等返済(がんきんきんとうへんさい)別名:元金均等方式、元金均等返済方式

 

内容:
○元金の減りに比例して利息分が減ります。
初めに返済数と同じに、元金を均等割したもの、プラス利息を、
毎回、総額(元金+利息)を計算して、払っていく方法です。
公庫での借り入れ(融資)で利用される。
まとめローンや住宅ローンではあまりない返済方法。

 

メリット:
だんだんと返済金額は減ってくる(元金が少なくなる為)
★元利均等返済と比較すると返済金利の総額が減ります。

 

デメリット:
最初のうちの返済額が多い(元金が多い為)

 

分割払い(アドオン方式も含む)

 

内容:
初めから元金+利息分を、返済回数に均等に分けて返済していく方法。

 

メリット:
返済完了までの返済額がハッキリとわかる為、計画的な返済が可能です。
★元利均等返済と返済総額は同じですが、途中のプロセス
利息の支払いが一定の分、元金の減りは、分割払いの方がいい。

 

デメリット 
金利が高めに設定されているので、返済期間を伸ばすとデメリットになる。

 

リボルビング払い 別名:リボ払い、フレックス払い

 

内容:
返済の回数や元金や利息に関係なく、毎月決まった金額を、返済していく方法。
クレジットカード会社や消費者金融、カードローン会社
の支払い方法によく使われています!

 

メリット:
毎月一定の額を返済する返済方法

 

デメリット:
大口の借り入れにはあまり向いていない。
★分割払いよりも手数料の率が高い

 

ミニマムペイメント:
リボ払いにおいて毎月支払う最小の返済義務額のこと

 

リボ払いの種類:
細かくみれば、
定額リボルビング方式
定率リボルビング方式
残高スライドリボルビング方式(ミニマムペイメント方式)
と内容が少し違うリボ払いに分かれます。

 

目的別おまとめローン一覧表

返済について記事一覧

違法な取り立ては、貸金業法で禁止されています!金融会社からの取り立て行為に困っている方、困らない為にも、知識を身につけておきましょう!貸金業法は、法律用語が多いですので、当サイトでは、噛み砕いた説明をしていきます!その場合に、誤解を招く場合がありますので、あらかじめご了承願います!取立ての際の禁止行為!■取り立ての際に、脅迫し、大声をあげたりして債務者を脅してはダメ!債務者の日常生活や、仕事に支障...

ローンの借り入れの際に1番重要なのが返済計画になります!借り入れの際はどうしても、審査に受かるかどうかが初めに気になるところですが、実際には、審査が通った後に、毎月の収入分で余裕をもって返済していけるかどうかが重要です!生活を圧迫するのが目に見えているのならローンを組むべきではありません!一般的には、収入の20%〜30%程度のローンで、返済がかなり難しくなると言われています。ボーナスについては、景...