取立ての禁止行為について

貸金業法記載、取立ての違法な行為について

違法な取り立ては、貸金業法で禁止されています!

 

金融会社からの取り立て行為に困っている方、
困らない為にも、知識を身につけておきましょう!

 

貸金業法は、法律用語が多いですので、当サイトでは、噛み砕いた説明をしていきます!
その場合に、誤解を招く場合がありますので、あらかじめご了承願います!

 

 

取立ての際の禁止行為!

 

■取り立ての際に、脅迫し、大声をあげたりして債務者を脅してはダメ!
債務者の日常生活や、仕事に支障が出るような行為を債権者はしてはダメ!

 

■午後9時〜午前8時までの間、訪問や電話・FAXなどで取り立てをしてはダメ!

 

■自宅以外の場所、勤務先などへ取り立てに行くのはダメ!

 

■自宅以外の場所で退去を求めた場合、居座ってはダメ!

 

■張り紙、立て看板等を使ったりして、債務者の私生活に関する事実を
債務者以外のものに明らかにしてはダメ!

 

■債務者がお金を借りていることを、他人に何らかの方法で知らせることはダメ!

 

■金融会社は、自分の会社以外で、返済資金の調達を要求してはダメ!

 

■金融業者は、借り入れをした人、以外に返済の要求をしてはダメ!

 

目的別おまとめローン一覧表